昨日までの経緯②

服薬して5日ほどたったころ、
(正直、どういう経緯だったのか今すぐに詳しく思い出せませんが…)
また肺の方の癌が悪さをし始めました。

確か…
右脇したとか、右肺、肩が痛み始めて…

あ!思い出した!
確か友人とユニバーサルスタジオジャパンで遊んだ(⬅︎)次の日に
咳が止まらず、喀血もよく出て、熱も39度を超え
右胸に激しい痛みがかなりあったので
急遽塞栓術することになったんです!

入院日(手術日でもある)朝
予定していた時間よりもかなり早く激痛で目が覚め
やはり熱も39度を超え
いてもたってもいられず、とりあえず病院に向かうことに。
途中、熱で関節の節々が痛く
歩くこともできず、久々の車椅子出動。♿️。

(でも、不思議な話ですが、つい3週間前の話なのに、そして普通に考えれば、あんな苦痛でしんどいから忘れるはずなどないのに、今無理やり思い出さないといけないほど、記憶が薄れている。。。!)

(嫌なことは忘れるように出来ている…!)

とかを、ふと思いつつ、続き書きます。

病院につくやいなや、
検査等をし、採血をされ、
手術が始まるまで、ベッドの上で安静。

すると1時間後、1件目の手術を終えた主治医が採血結果を持って顔を出しに来ました!

なんと!
ガンマーカーが半分ほどに下がったのです!!

こんなにも下がったの、
久々すぎて

脳裏に…
「今回の高熱って、腫瘍熱なのかも、癌が小さくなるときに発する高熱かも!」
と少し興奮したのを今ハッキリと思い出しました。

無事に手術を終え、
痛かった胸膜に張り付いていた腫瘍や
気管支に滲出していた腫瘍に抗がん剤を流し塞栓しました。

おかげで今はもう、あの時の胸の痛みはなく、
咳も治まりました!
そういった症状や痛みが無いと、精神的にもとっても楽になります( ˘ω˘ )(だからこその、今歩くたびに痛くなるこの骨転移の痛みは心にも響きます。)