母の日


母の日、
うちの家では年に一度子供達がそわそわする日。

去年はお花の手配をし忘れ、
当日妹にお金を渡しお花屋さんに走らせるという。

毎年、私がお金担当、
買いに行くのは妹たち担当になります。

今年も例年にもれず、当日を迎える3日ほど前に妹に私が
「お花どうするの〜?お姉ちゃんはもうすでに紫陽花買ったから、今年はあなたたち自分で用意するのよ〜」
というと、
妹がくねくねしながら甘えた口調で
「ええ〜おこづかいちょうだい〜」と言ってきました。
うちの家ではおこづかい制はなく、必要な時に必要な分だけ渡す制度だったし、
あの甘えた口調につい逆らえず…普通にわたしました。

当日。
母にバレないようにこそっと家を出た妹弟たちが
なぜか手ぶらで帰ってきました。

いつもはみんなでひと束だったお花が
今年は一人一つになったらしく、お金が足りないとのことです。

私はちょうどその時に家におらず、
なんと、
どうしようもなくなった彼らは…

お花を渡す対象の母にお金を借りたのです!(笑)

家に帰ると、綺麗に並べられた花たちを眺めながら、
母が苦笑いしながら、でもとても嬉しそうに
事の経緯を話してくれました。

母いわく「彼らが借りる時に、『これからちょっとずつためて返すから!』」と誓ったそうです。

今年から中1になった彼らの成長が
嬉しく、寂しく思った1日でした。


12年前


12年後