母が旅行客に優しくするわけ

うちの母は、旅行客になぜかやたらと優しいのです。
道を聞かれるとできる限り答えるし
困っている人見たら自ら声をかけます。

一回びっくりしたエピソードが、

私と同年代の女の子二人で、大きなスーツケースを持った旅行客に
民泊の道を聞かれて、その住所通りに連れて行ってあげたのだけれども
なんとそこに民泊はなく騙されていたそうな…(それもそれでかなりの衝撃だったけれど)
ほっとけなかった母は夜遅くまで一緒に
その日泊まる場所や諸々を世話していたそうな。。。




深夜に帰ってきた母を不思議に思い聞くと
上のエピソードが発覚!

なんでそこまで親切にするのだろうか、と
母に再び聞くと

「だって、弘子ももし海外で困っていたりしたら、親としては誰かに助けてもらってほしいじゃない?
私は日本にいて何もできないからこそ、日本で困っている旅行者に親切にすると、
その代わりじゃないけれど、何かしら外で弘子を助けてくれる人がいてくれたらなと思うから。
特に弘子と同年代の子をみると、どうしてもあなたに重ねて…親心というものかしらねえ〜」

と言っていた。

その次の日、
私はお風呂場で思い出して泣いた。