好きな物を持ち歩く


今日の通院、治療、会計、
スムーズすぎる!

待ち時間のための本を一度も開かないまま、
気づけば帰路についてます。

ちなみに、今日持ってきた本は…

『もしもあの動物と暮らしたら?』という
最初から最後まで萌えが止まらない、妄想も止まらない本です。

待ち時間の時の本は、変に難しく考えなければいけないものよりかは、こういった軽いものを選んでます(°▽°)

どのページを開いても
萌えでいっぱい( ^ω^ )

前に一度図鑑を持ってきたことがあって…
重たすぎてかなり後悔しました。(当たり前

嫌な環境だからこそ、
せめて周りを、目に触れるものは大好きなものにする。

話が少し変わりますが、
最近は病院の帰り道にいつも「クリミナルマインド」という海外ドラマを見てます。ハマってます。
内容はかなり物騒で、異常犯罪とか、連続殺人とかそういった類です。
(「よく病院帰りにそんなもの見れるね」と飽きられてます。)
その中の主要人物の一人のガルシア(コンピュータ捜査担当)は
いつも自分のデスク周りを華やかに飾ってました。自分の大好きなもので飾ることで、自分の心を保っているんだそうです。

ふとブログを書きながら、そんな事を思い出して…
テンションが上がるもの・事をするのってやはり大事なのかも〜

気合のいる診察の時は、
無意識にオシャレしたり、化粧したりするのも
もしかしたら無意識にテンションをあげさせているのかもしれませんね〜

明日から、スッピン眼鏡ではなく
ちょっとオシャレしようかな〜