近大クリニカルシーケンス

クリニカルシーケンスって聞いたことがありますか?
最近は徐々にその知名度が上がってきてますが、まだまだ知らない人の方が多いんじゃないかなって思います。

すっごく簡単に私なりに説明すると(正しい知識はちゃんとお医者さんに確認しましょう)

ガンというのは、いわゆる遺伝子異常によって増えた細胞のことの集まりで。
その遺伝子異常の種類は約500種類あると言われています。

それで…うーんとね…

今からあやふやな記憶をたどりながら
クリニカルシーケンスについて説明しようと30分ほど書いては消しを繰り返していましたが。。。
私ってば、前に一度詳しくブログに書いたことがあったんだった!!!(私のバカっ)
なので、きになる方は前のブログのここ↓を読んでいただければなんとなくわかると思います。

「私のこれからの治療方針」

いろんな問題を抱えながらも、
大変幸運にも検査をすることができた私ですが、
遺伝子異常が少なくとも5つ以上あることがわかりました。
それでもそれに見合ったガンをやっつける方法はまだ模索している段階です。

今日、たまたま流れてきた記事に
『ガン患者のために無料で「近大クリニカルシーケンス」を提供したい』というクラウドファンディングを見つけました!
近大クリニカルシーケンス←ここで見れます。

機械が大変高価で、その上簡単には検査ができず、
専門的な知識を持った医師が一つ一つ分析をしなければならないため、とても高価で…
金銭面で諦めた人がどんなに多いことか。

でも一方でアメリカでは無料で遺伝子検査ができるところもあるという。

もちろん検査したからといって、必ず治療法が見つかるわけではないのですが、それでも患者にとっては一つの光です。

また患者にとってだけではなく、
医学面においてもたくさんの症例数が集まることによって、より早く薬の開発が進むことで治療の新たな光となります。

まだまだ日本の場合年間100件ほどしか症例数が集まらないのですが、
それが無料化すれば、もっと症例数が集まると思うんだ!

「そんな無料になってくれたらいいな」と思っていたら
クラウドファンディングができたなんて!
応援するしかない!

なので、よかったら是非見るだけでもいいので
見てください〜

また、私にクリニカルシーケンスを紹介し、いろいろとお世話をしてくれたテーラーメッドさん、本当にありがとうございます。
テーラーメッド

最後に
近大クリニカルシーケンス

肝臓ガンの画期的な新薬がついに!

つい三日前の1月25日に
レンビマという薬が肝臓がんの治療法として有効であることが第三相治験の結果において示されました〜

エーザイが全世界に向けてプレスリリースしたページに飛びま〜す

なんだか難しそうな話ですね。

わかりやすく言うと、

肝臓がんは今まで有効とされていた保険適応の全身療法の薬は
ソラフェニブ(ネクサバール)しかなかったのです。

例えば私の場合、
切除はもうダメで、転移もしていると、
でもかつて服薬したネクサバールでは
薬疹が出て全く使えないとなった時
もう全身療法の方法は絶たれるわけです。

それが!
ネクサバールよりも効果あるんじゃないか!?という新薬ができたんです〜
詳しくは上のプレスリリースの結果見てください。

今はまだ治験最中で
実用化されるにはもうちょいかかりますが

主治医が「先が明るくなってきましたね」とおっしゃっていたように、
明るいです!