てくてく


2週間前までは、足の股関節付近のがんが悪さをして、動くたびにかなり痛みがあったのですが…

今はすっかりマシになって、動きまくっています。

11月の3連休は四国までドライブして
「やりたいことリスト」の一つのキャンプに行ってきました〜。

ただのキャンプではなく、
今流行りのグランピングです^^
(テレビで見るたびにいたたいと思っていたんですよね〜)

ついこの間まで階段を上がったり下がったりするのも
「痛い痛い」とわめいたのに、
キャンプ場でははしゃぎすぎて
逆にマシになっていた痛みを再び蘇らせ…
…後悔していません!(←

足よりも今は手が痛くて…
原因はわかっています。
暖炉のいじりすぎによる手の痛みです。

ずっと火の番をして、いかに綺麗に薪をくべるのに一生懸命すぎて
手のマメに気がつかないほどでした。

今、手がマメだらけで、副作用も相まって
かなりピリピリしています!
…後悔は、もちろんしておりまっせん←

暖炉の魅力にはまって、家にも欲しい〜〜〜!
そしたら夏でも火遊びしちゃいそうです。

あ、でも相当疲れたみたいで
四国から戻った後はほぼずっと寝てました。

ようやく疲れが取れ始めて
(最近は疲れが取れなくなってきています、まだ25なのに…)
今日からまた元気にやって行きまっしょう〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログサボりすぎて、書きたいことがた〜くさん溜まっています。

始めて手術中に泣いたこととか。

希望を持つことはとても残酷なことで、それでも希望を持っていきたい。と気がついたこととか。

塞栓術直後はなぜかいつも頬にできものができる、というくだらないこととか。

今の医療が進歩がめざましすぎて、方法がなく絶望的に思われている今の状況でも、1年後はそうとは限らないと思ったこと。とか。

医者が声かけする一言で患者は簡単に希望も絶望的にもなれることとか。

………。

やばい、書かなきゃいけないブログが溜まりすぎていますね。
ちょこちょこ頑張って行きます!

20kgの重りを背負って


日常生活の倦怠感が体感として、
20kgくらいの重りを背負って生きていると感じます。

それは今に始まったことではなく、
もう今年初めの頃からずっとなんとなくそんな感覚です。

でも、あまり深く考えずに
こんなにも治療していたり、薬を服薬していたりしていたら普通にそうなるでしょっ
と思いながら、「病は気から」論理で突き通してました。

しかし、やっと
この感覚は「気持ちが落ち込んでいるからそう感じているだけ」なのではなく、
本当に体の症状として出ていることが分かりました。

甲状腺機能の低下でした(笑)

甲状腺機能が低下する(全身の代謝が低下)と、症状として
・昼夜問わず眠たい
・倦怠感
・記憶力や計算力の低下
・皮膚感想
・温度に敏感になる

などがあるらしい…

…ドンピシャっ!

そうか、これらはすべて甲状腺機能の低下だったのか!
あまりにと私にとっては普通で、
疲れていても、いつも眠気を感じていても…なにも深く考えず…
「やはり歳のせいかしらっ17の頃の体力には到底及ばないものねぇ〜あの頃に戻りたいわぁ〜」なんてことを考えながら、
身体にいつものしかかっていた『20kgの重り』を気にも留めなかった。(笑)

それが、原因の1つが甲状腺機能だったなんて!
わかってビックリ!(自分の考えなさに)

わかってしまったから、これからは
疲れている原因をすべて「甲状腺機能低下」のせいにしてしまいそう(笑)

今までは「ただの寝不足!」
「気持ちが落ち込んでいるから!」
「生理前だから!」
といろいろと理由をつけては、見て見ぬ振りで気持ちで乗り越えていたけれど、
これからは「全部甲状腺のせい🎶」にできないかな?
(にやにや